Blog ブログ

「不完全」がユーザーを惹きつける?ツァイガルニク効果とは

ビジネス

こんにちは、K2です。

「ツァイガルニク効果」という心理効果をご存知でしょうか?

一言でいうと、「不完全(未完了)なものほど、相手の印象に残りやすい」という効果。これをうまく活用すれば、売り上げUPや業務効率UPに繋げることができます。

今回は「ツァイガルニク効果」のご説明と、お仕事での活用方法をご紹介します。

ツァイガルニク効果とは

ツァイガルニク効果を証明した実験をご紹介します。

ロシアの心理学者ツァイガルニクは、被験者らを2つのグループに分け、パズルなどの課題をいくつも与えました。

1つめのグループは、課題を終える前に中断させ、次の課題に取り掛かるよう指示を出しました。

2つめのグループに対しては、課題が終わった後で次の課題に取り掛かるよう指示を出しました。

全ての課題を終えた後、2つのグループに「どんな課題を行いましたか?」と質問します。すると課題を完成させたグループに比べ、未完成なグループは倍ほどの課題を覚えていたそうです。

このように、「完了した事柄よりも、未完了の事柄の方が印象に残りやすい」心理効果を「ツァイガルニク効果」と呼びます。

マーケティングでの活用例

この効果はマーケティングにも当てはまります。ユーザーに何もかも伝えるよりも、あえて中途半端な情報を与えた方が興味をもってもらいやすいのです。

実際に、ツァイガルニク効果は身の回りの様々な広告で活用されています。いくつか例をご紹介しますと……。

  • 漫画アプリでの活用例。途中まで無料で読めるが、残りの話を読むのは有料。
  • Webコンテンツでの活用例。途中まで誰でも読めるが、残りを閲覧するには会員登録が必要。
  • デアゴスティーニ。「最後まで完成させたい」という気持ちにさせ継続購入を促す。
  • CMやメルマガで、情報を途中で区切ることでユーザーを惹きつける。(「CMの後で!」「答えは次回のメルマガで!」)
  • ブログ記事や広告等のタイトルで、大事な情報を伏せる。(「あの芸能人が激ヤセした秘訣は●●だった!」「子供が勉強好きの親たちの共通点とは?」)

このように、あえて「不完全な情報」を与えることでユーザーの関心を引き、次のアクションへと誘導することができるのです。

ツァイガルニク効果で作業効率UP!

ツァイガルニク効果はマーケティングだけでなく、作業効率の向上にも繋げることができます。

皆さんはお仕事中、どのようなタイミングで小休止を挟んでいますか?

「1つの作業が終わった、キリの良いタイミングで休憩する」という方が多いと思います。でも「休憩後にやる気が出ない……」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方はツァイガルニク効果を取り入れるのがおすすめです。

やり方は簡単。「〇時から5分間休憩する」といったように休憩時間を決め、その時間になったら作業を中断しましょう。

作業途中の半端な状況で休憩することにより、「未完了の作業が気になる」心理が働き、仕事に戻るモチベーションを生み出すことができるのです。

まとめ

広告やテレビ番組、ブログ等、身の回りのあらゆる場面で活用されている心理効果。ぜひお仕事に取り入れてみてくださいね。

ではでは、K2でした!

参考

WRITER

K2

印刷物・Web・動画制作会社「NET SANYO」の中の人。ホラーゲームが好き。