ターゲットを引きつける魅力的なキャッチコピーを作りたい。でも良いものが思いつかない…と悩んだことはありませんか?

 

そんな方に、今回は「集客できるキャッチコピー」を作るためのポイント6つをご紹介します。

どれも簡単に実践できるものですので、ぜひ広告やチラシに取り入れてみてくださいね!

 

1.ターゲットを明確に、詳細に設定する

キャッチコピーづくりの前に、まずターゲットを具体的に設定します。

キャッチコピーでは、ターゲットに「自分のための商品だ」と感じてもらい、興味を引かなければいけません。

「皆に興味をもってもらえるキャッチコピー」を作ろうとすると、結局は誰も反応しないぼやけたキャッチコピーになってしまいます。

 

まずはターゲットの感じている事・不満に思っていることを相手の目線になってリストアップしてみましょう。

次にあなたの商品の特徴やメリットをリストアップします。

あなたの商品により、誰の、どのような悩みを解決することができるのか(あるいは要望を叶えることができるのか)をキャッチコピーで表現します。

例をいくつかご紹介しますね。

 

(例1)誰の、どのような悩みを解決できるのかを書く

「サンヨウスクールで、誰でもwebデザイナーに!」→「サンヨウスクールで、未経験から3か月でwebデザイナーに!」

 

(例2)ターゲットの悩みを言い当てる

「洗濯物の洗い分け、面倒くさくない?」

「何度も繰り返すあかぎれに悩んでいませんか?」

「膝の痛み、歳のせいだと諦めていませんか?」

 

 

2.メリットはユーザー目線で

自分が「凄い!」と思うことを、ユーザーに一方的に押し付けるようなキャッチコピーになっていませんか?

 

業界に精通した人物からみて凄い技術や成分でも、ユーザーの興味を引くことはできません。

ユーザーの興味を引くのは「私に何の得があるのか」という部分です。

ユーザーにとってのメリットを示せているかどうか、今一度見直してみましょう。

 

「業界初!トリプルサイクロン技術搭載の掃除機」→「さっとかけただけで、どんなゴミも逃さない掃除機!」

 

 

3.数字を示す

具体的な数字を示すことで、キャッチコピーの説得力を高めることができます。

 

「セミナー受講者のほとんどが営業成績UP」→「セミナー受講者の89%が営業成績UP」

「とてもたくさん売れています」→「1日に1万個販売」

「大人気!」→「当店一番人気!」

 

商品(サービス)のお手軽さをアピールするのにも、数字は有効な手段です。

 

「サンヨウスクールで、未経験からwebデザイナーに!」→「サンヨウスクールで、未経験から3か月でwebデザイナーに!」

「好きなだけ食べても太らない人に共通する習慣」→「好きなだけ食べても太らない人に共通する、たった1つの習慣」

 

 

4.具体的な人物を示す

人は、権威性のある人や有名人が使っているものを「価値が高い」と感じる傾向があります。

この心理効果を活用した例をご紹介します。

 

「東大現役合格する人のノートの取り方を徹底解説」

「銀座No.1ホステスが実践している接客とは?」

「マツコデラックス絶賛!」

 

また、「お客様の声」を見せるのも信頼性を高めるのにとても有効です。

 

 

5.数や期間を限定する

数や期間を限定することで、「早く買わなきゃ!」と思わせ購買意欲を高めるテクニックはよく使われています。

「期間限定」「先着○名様まで」「残り○個」といった表現を盛り込んでみましょう。

 

 

6.表現を工夫する

「見出しの中の言葉ひとつで反響が大きく変わる」とも言われるほど広告表現は繊細なものです。

表現をさらに改善できないか、細かい部分にも着目してみましょう。

 

表現を工夫し、想像をかきたてる

商品の利用シーンを想像させるよう、表現を工夫しましょう。

例えば「美味しいキムチ」という言葉よりも「ご飯が止まらなくなるキムチ」の方が、キムチを食べるシーンを想像させられ食欲をそそられるのではないでしょうか?

 

他にも

「座り心地のいいクッション」→「立てなくなるほど座り心地のいいクッション」

「もちもち肌」→「吸い付くようなもちもち肌」

といったように表現を工夫することができます。

 

ひらがなやカタカナで印象を変える

一般的に漢字やひらがなで書かれる言葉をカタカナにすることで、良い意味で違和感を生み出すテクニックはよく使われています。

漢字・ひらがな・カタカナでは受ける印象や可読性も異なりますので、最適な書き方を模索してみましょう。

「大人も子供も夢中になれる」→「オトナもコドモも夢中になれる」「おとなもこどもも夢中になれる」

 

 

まとめ

いかがでしたか?

キャッチコピーの作りのヒントとしてご活用いただけたら幸いです。

ではでは、K2でした!

 

 

参考