Blog ブログ

【条件付き書式】複数条件(OR)でセルを色付けする方法【エクセル】

ビジネス

こんにちは、K2です。

エクセル(Excel)の「条件付き書式」は、ある条件に当てはまるセルだけ、自動的に背景色や文字の色・書体などの「書式」を変えることのできる機能です。

今回はこの条件付き書式にOR関数を組み合わせ、「~または~の場合に書式を適用する」という複数条件を設定する方法をご説明します。

こちらの架空のスケジュール表でご説明します。
曜日の列のうち、「土」または「日」のセルだけを色付けするよう設定したいと思います。

曜日の書いてあるセルを、ドラッグで全て選択します。

ホームタブより、「条件付き書式」→「新しい書式ルール」→「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」からは、数式を入力することで、条件付き書式のルールを自由に作ることができます。

まずは、条件に当てはまるセルをどのような書式にするかを設定します。

「新しい書式ルール」ダイアログ内の「書式」ボタンをクリックします。
「セルの書式設定」ダイアログが開きます。

今回はセルの色を変えたいので、「塗りつぶし」タブを選択。
背景色を選んで「OK」をクリックします。

次に、ルールを設定します。

「次の数式を満たす場合に値を書式設定」欄に数式 =OR(B5=”土”,B5=”日”) を入力します。

数式の仕組みをご説明しますね!まずは外枠の、OR関数から。

OR関数の中身はこのようになります。

入力してOKを押すと…土日のセルだけ色付けされました!

ちなみにOR関数内の条件はいくつでも増やすことができます。
例えば金曜日も色付けしたいような場合には、

=OR(B5=”土”,B5=”日”,B5=”金”)

というように、コンマを間に挟んで追記します。

金・土・日曜日が色づけされました!

まとめ

「条件付き書式」機能にはあらかじめ用意されたルールもありますが、数式入力によってオリジナルのルールを作ることもできます。

長い表や、表を何度も書き換えてその度に書式変更をしているような場合には、ルールを作っておくととても時短になりますよ!

ではでは、K2でした。

WRITER

K2

私の怒り方を完コピした2歳息子に「ママ、だめでしょ」「ごめんなさいは?」と度々叱られるようになった。ごめんなさい。