Blog ブログ

wordで脚注を入れる方法・脚注の書式や位置を変える方法

ビジネス

「脚注」は用語の説明文などを欄外に書くことのできる機能です。
今回は、Wordで脚注を入れる方法、そして脚注の書式や位置を変更する方法を解説します。

脚注を入れる

まず、本文中の脚注を入れたい言葉の後にカーソルを移動します。
「参考資料」タブを選び、「脚注の挿入」ボタンをクリックします。

カーソルがページの一番下に移動しますので、脚注の内容を入力します。

脚注番号は自動的に連番で入ります。(本文中の位置によって番号が決まります。)

文末脚注を入れる

最後のページの最終行に脚注を入れる方法をご紹介します。

本文中の、文末脚注を入れたい言葉の後にカーソルを移動します。
「参考資料」タブを選び、「文末脚注の挿入」ボタンをクリックします。

カーソルが最後のページの最終行に移動しますので、脚注の内容を入力します。

脚注を削除する

本文中の脚注番号の後にカーソルを合わせます。

Backspaceキーを押します。脚注番号が選択された状態になります。

再度Backspaceキーを押すと、脚注が削除されます。

脚注と文末脚注を入れ替える

「参考資料タブ」を選び、「脚注」グループ内の小さい右下矢印をクリックします。

「脚注と文末脚注」ダイアログボックスが開きます。

ここでは、脚注と文末脚注の入れ替え・脚注の書式変更・場所変更を行うことができます。

脚注と文末脚注を入れ替えるには、「変換」ボタンをクリックします。
「脚注の変換」ダイアログボックスが開き、どのように入れ替えるのかを選択できます。

脚注の書式や場所の変更

「脚注と文末脚注」ダイアログボックスを開きます。
(「参考資料」タブを選ぶ「脚注」グループ内の小さい右下矢印をクリック。)

上の項目から順に機能をご説明しますね!

場所

脚注か文末脚注のうち、書式(場所)を変更したい方をここで選びます。
また、右側のボックスをクリックすると脚注の場所を変更することができます。

番号書式

脚注番号を、1,2,3…のほかA,B,C…、ローマ数字、漢数字など様々な書式の中から選択することができます。

任意の脚注記号

自分で決めた脚注記号を入れることができます。

脚注を入れたい言葉の後にカーソルを合わせた状態で、この「脚注と文末脚注」ダイアログボックスを開きます。
「任意の脚注記号」欄に記号を入れ、「挿入」をクリックします。

開始番号

脚注番号を1以外からスタートさせることができます。

番号の付け方

脚注番号は、初期設定では文書全体で連続した番号になります。

ここで選択することにより、ページやセクションごとに1から脚注番号を付けることができます。

変更の対象

変更を文書全体に反映するのか、セクションだけに反映するのかを選ぶことができます。

「挿入」ボタンと「適用」ボタン

設定後、下の「適用」ボタンをクリックすると、現在挿入されている脚注(文末脚注)に変更が適用されます。

このとき「適用」ではなく「挿入」ボタンをクリックすると、設定した書式で新たな脚注(文末脚注)が挿入されます。



本日は以上になります!
ではでは、K2でした。

WRITER

K2

ペットに服を着せたくない派なので、幼少期はシルバニアファミリーを全員全裸にしていた。そのため、何か悩みがあるのではと母に心配されていた。