Blog ブログ

デザインに取り入れたい!写真に関する5つの心理効果

デザイン

心理効果とデザインは密接に関わっているのをご存知でしょうか?

心理効果を踏まえたデザインやレイアウトを行うことで、ユーザーの関心を引いたり、商品のイメージを引き立たせることができます。

今回はデザインに関する心理効果や法則の中から、画像の選定や配置に生かせるものを5つご紹介いたします。

広告に使う写真をなんとなく選んでいるという方がいらっしゃったら、ぜひ参考にしてみてください。

クレショフ効果

同じ画像でも、その前後の画像によって受ける印象が異なるという心理効果です。

デザインにおいても、写真の組み合わせによってあるイメージを与えたり、あるいは商品のもつイメージを際立たせることが可能です。

(例)石鹸の写真と、他の写真の組み合わせ

汚れた体も綺麗にできそうなイメージ

良い香りのしそうなイメージ

成分にこだわって開発していそうなイメージ

3Bの法則

広告業界の経験的法則です。
3Bとは

  1. Baby(赤ちゃん)
  2. Beauty(美人、美しい物)
  3. Beast(動物)

の略。これらを取り入れたCMや広告は目を引きやすく、好感を持たれやすいというものです。

引用:YouTube ソフトバンクCM「父、BIGになる篇」
引用:YouTube ソフトバンクCM「父、BIGになる篇」

ソフトバンクのCMは、3Bのうち2つの要素(Beauty・Beast)を取り入れています。

引用:facebook ママとパパの子育てサポーター はぐくみ/森永乳業

はぐくみのfacebookページでは、子育てに関する情報を赤ちゃん(Baby)の写真とともに発信しています。

ベビーフェイス効果

人は、丸顔で大きな目・小さい鼻・短い顎・広い額などの特徴を持つ人物に「無邪気」「可愛い」「純真無垢」といった印象を持つ性質があります。

デザインで親しみやすい印象を与えたいときには、これらの特徴を持つ人物の写真を使うと効果的です。
逆に威厳を感じさせたいときには、これらの特徴から遠い人物の写真を使うと良いでしょう。

社会的証明の原理

あなたには、行列ができているお店が気になり「私も買おう」と並んだような経験はありませんか?

人には、他人の行動を基準にして自分の行動を決める性質があります。

Webでよく見る「売上No,1」「会員数○万人」といった表現や、バラエティ番組で録音された笑い声を流すような演出がこの心理効果を利用しています。

デザインでは、写真の人物の視線の先にボタンや注目させたい情報を配置することで、同じ方向にユーザーの視線を誘導することができます。

見えない部分の「理想化」

人は、見えない部分を想像で補う性質があります。

「被写体の一部を隠す」のは、特に食品でよく使われる手法です。
被写体の一部を切ることで、構図に変化が生まれるとともに、見えない部分を想像させることができます。

また人間の顔も、一部を隠すことで期待を生み、より魅力的に見せることができます。

まとめ

心理効果の中で、写真の撮影や選定・配置に生かせるものをピックアップしてみました。いかがでしたか?

Webサイト・印刷物・SNS・動画など媒体を問わず活用することができますので、ぜひ参考になさってください。

ではでは、K2でした。

参考

WRITER

K2

私の怒り方を完コピした2歳息子に「ママ、だめでしょ」「ごめんなさいは?」と度々叱られるようになった。ごめんなさい。