Blog ブログ

紙の重さのお話し

印刷

こんにちは、K2です。

今回は紙の重さについてお話しします。

 

物の厚さを表示する場合、一般的にはcmやmmで表現しますよね。
でも印刷用紙の厚さは、重さの単位である「kg」で表します。

 

例えば『コート紙73kg』とは、

全判サイズ(印刷物の仕上がりサイズではなく、私たち印刷会社が紙屋さんから購入した時の大きさ)の紙を1,000枚重ねて秤にのせたとき、73kgになるという意味です。

重ければ重いほど厚い紙になります。

 

全紙サイズには様々なものがありますが、
メジャーな物でA判、菊判、B判、四六判が挙げられます。

 

A判

A4、A3などのA判の印刷に最適な用紙サイズです。
余白が少ないため、端まで印刷のある印刷物には不向きです。

 

菊判

A4、A3などのA判の印刷に最適な用紙サイズです。
余白が大きいため、端まで印刷のある印刷物に適しています。
その分「A判」よりも少し割高になります。

 

B版

B5、B4など、B判の印刷に最適な用紙サイズです。
余白が少ないため、端まで印刷のある印刷物には不向きです。

 

四六判

B5、B4など、B判の印刷に最適な用紙サイズです。
余白が大きいため、端まで印刷のある印刷物に適しています。
その分「B判」よりも少し割高です。

 

変形サイズの印刷物もありますが、
その場合はできるだけ無駄なく面付けし、少ない紙の購入で済むよう計算して、購入する用紙のサイズを決めています。

 

ではでは、K2でした。

WRITER

K2

保育園のおかげでママ友ができて嬉しいが、オタクなせいでママ友の「俳優の○○がかっこいい」系の話題についていけない。 次元を一つ下げていただきたい。