Blog ブログ

スターバックス、ゴディバ…あの「ロゴの女性」は誰?

オフタイム ビジネス

こんにちは、K2です。

企業ロゴのなかには人物がモチーフのものもあります。
でも「それが誰なのか?その人がなぜロゴになったのか?」という背景まではご存知ない方も多いのではないでしょうか?

今回は、女性のロゴで有名な2社(スターバックス・ゴディバ)について、ロゴ誕生秘話をまとめてみました!

スターバックスのロゴ

ミニマルおしゃれで、とても人気の高いスターバックスのロゴ。
このロゴでおなじみの女性は誰だかご存知でしょうか?

セイレーン

女性の正体は、ギリシャ神話に登場する人魚「セイレーン」。美しい歌声で船乗りを惑わし、船を難破させてしまう怪物です。
 

船を難破させるというと、企業ロゴとしては縁起が悪い気もしますが、スターバックスの創業者は「それほど素晴らしい歌声だ」というところに着目したのではないでしょうか。

「セイレーンの歌声のように、人々を魅了する素晴らしい商品・サービスを提供しよう」と考えロゴに採用したそうです。
セイレーンの歌声でお客さんを呼び込み、繁盛させてほしいという思いもあったのかもしれません。
 

ロゴは何度もリニューアルしており、2011年にはついに社名の「STARBUCKS COFFEE」が消えました。

社名がなくてもよいほど人々に浸透したという背景とともに、「コーヒーだけでなく様々な分野に攻めていく」というスターバックスの姿勢がわかります。

・参考:Hack Coffee Beans

ゴディバのロゴ

馬に乗る女性を描いたゴディバのロゴ。
気品を感じさせるロゴですが、この女性は誰だかご存知でしょうか?

レディ・ゴディバ(ゴディバ夫人)

女性の正体は「レディ・ゴディバ(ゴディバ夫人)」という、11世紀の英国の伯爵夫人です。
 

領内に様々な施設を建設したいと考えた伯爵(ゴディバ夫人の夫)は、資金集めのために、領民からとる税をどんどん増やしていきました。

夫人は、重税に苦しむ貧しい領民を救うため、税を下げるように伯爵を説得しました。
伯爵は断りましたが、夫人は諦めず何度も訴えました。
議論に疲れた伯爵は「もしおまえが裸で馬に乗り、町中を回れたなら、建設計画をとりやめて税金を引き下げよう」と言ったそうです。

翌日、夫人は一糸まとわぬ姿で馬に乗り町中を回りました。領民は家にこもって窓を閉ざし、夫人の姿を見ないことで敬意を表したそうです。

伯爵は約束通り税を引き下げ、領民は救われたそうです。
 

この伝説に感銘を受けた創設者ジョセフ・ドラップスは、社名をゴディバとし、ロゴマークにもゴディバ夫人の姿を採用しました。

自らを犠牲にして人々を守った夫人の深い愛情のように、ゴディバも「味わう人を幸せにしたい」という愛を大切にしているそうです。

・参考:GODIVA「ゴディバのエピソード」

まとめ

ふだん何気なく見ている「あの女性」ですが、そこには企業のコンセプトや創設者の考えが表現されています。
意味を知ると面白いですよね!

ではでは、K2でした。

WRITER

K2

ペットに服を着せたくない派なので、幼少期はシルバニアファミリーを全員全裸にしていた。