Blog ブログ

三角ロジック 根拠から結論を導くフレームワーク

ビジネス

「三角ロジック」をご存知でしょうか?論理的思考の基礎で、無意識に行っている人も多い思考方法です。

シンプルなフレームワークなので、結論を導き出したいときだけでなく、他人に自分の主張を説明して納得させたいときにもとても役立ちます。

三角ロジックとは

三角ロジックとは、【データ・論拠・結論】の3つから成る三角形のこと。
データと論拠から導き出される答えが結論、逆に「なぜその結論なのか?」に対する答えがデータと論拠になります。

  • データ …データや事実
  • 論拠 …自分の考えや、結論に至る理由
  • 結論 …データと論拠から導き出される答え(主張や仮説)

三角ロジックの例

課題: 洗濯物を外干しすべきか、部屋干しすべきか?

  • データ …今日の降水確率は20%
  • 論拠 …外干しの方がよく乾くというメリットはあるが、20%なら、雨で濡れるリスクの方を重視した方がいい
  • 結論 …洗濯物は部屋干しすべき


「洗濯物を外干しするか部屋干しするか?」といった単純な課題の場合は、【論拠】の部分は無意識で行っていることもあります。
(「降水確率は20%」→「洗濯物は部屋干しすべき」)
ただ実際には、「20%はそれほど低くない確率だ」「以前、降水確率20%の日に雨が降ったことがある」などといった論拠があります。


また、同じデータでも論拠によって結論は変わります。

課題: 洗濯物を外干しすべきか、部屋干しすべきか?

  • データ …今日の降水確率は20%
  • 論拠 …雨が降らない可能性が高いし、部屋干しすると生乾きになりやすい
  • 結論 …洗濯物は外干しすべき

さっきとは真逆の結論になってしまいましたね。
このように論拠次第で結論が変わる場合が多いため、論拠を考える過程はとても重要です。
論拠を検証するには、次に紹介する「多段階の三角ロジック」も有効な方法のひとつです。

多段階の三角ロジックで、論理をさらに強化

出た「論拠」に対してさらに「データ・論拠」を求め、三角ロジックを積み上げていくことで、さらに強固な論理を組み立てることができます。

1.洗濯物を外干しすべきか、部屋干しすべきか?

  • データ …今日の降水確率は20%
  • 論拠 …外干しの方がよく乾くというメリットはあるが、20%なら、雨で濡れるリスクの方を重視した方がいい
  • 結論 …洗濯物は部屋干しすべき

2.降水確率20%なら、外干しのメリットよりも、洗濯物が濡れるリスクの方を重視した方がいいのか?

  • データ …以前、降水確率20%の日に雨が降って洗濯物が駄目になったことがある
  • 論拠 …確率は低いものの前例があるし、洗濯物が濡れてしまうと面倒だ
  • 結論 …降水確率20%なら、外干しのメリットよりも、洗濯物が濡れるリスクの方を重視した方がいい

3.洗濯物が雨で濡れると面倒なのか?

  • データ …雨で濡れたら、洗濯物の洗い直しと干し直しを行わなければならなくなる
  • 論拠 …二度手間だし、水と洗剤も無駄になる
  • 結論 …洗濯物が雨で濡れると面倒だ

まとめ

企画など何かを考える際には「データ」「論拠」をもとに結論を導き出すよう習慣づけましょう。

三角ロジックは相手に「どのような流れで結論へ至ったのか」を伝えるのにも適しているので、提案やプレゼンテーションの際もこのフレームワークをもとに資料を作ると良いと思います。

ぜひお仕事に活用してみてくださいね!
ではでは、K2でした。


参考

WRITER

K2

ペットに服を着せたくない派なので、幼少期はシルバニアファミリーを全員全裸にしていた。