Blog ブログ

ビジネスマンやブロガー必須!「Feedly」アプリを使った効率的な情報収集方法5ステップ

ビジネス

情報収集のために、複数のWebメディアやブログを巡回される方は多いと思います。
でも、いくつもサイトを開いて新着記事をチェックするのは面倒ではありませんか?

「Feedly」を使えば、複数サイトの新着情報を、一つのアプリ内でまとめて手軽にチェックできちゃいます。

今回はFeedlyアプリを活用した、効率的な情報収集方法をご紹介します。

※この記事は2019年4月に書いたものです。アップデートにより機能や操作方法が変わる可能性があります。

Feedlyとは?

Feedlyは「RSSリーダー」のひとつです。

RSSとは、Webメディア・ニュースサイト・ブログといったサイトの更新日や内容をまとめる技術です。

Feedlyを使った効率的な情報収集方法 4ステップ

1.よく見るサイトをフォローする

いつも見ているWebメディアやニュースサイト。
Feedlyでフォローすれば、複数サイトの新着情報をまとめてチェックできるようになります。

1.「Discover」ページの検索窓にサイト名を入れるか、URLを入れて検索します。

2.該当するサイトが検索結果に出てきます。フォローしたいサイトをタップして開きます。

3.右上の「FOLLOW」をタップします。

4.フォローサイトはカテゴリごとに分けて管理できます。
新しいカテゴリを作るには、「NEW」を選択し、カテゴリ名を入力して「CREATE」をクリックします。

5.作成したカテゴリの中にサイトが登録されます。

※RSS非対応のサイトはFeedly上で見ることはできません。(NETSANYOもまだ非対応です…。)

2.フォローしたサイトの新着情報をチェック

24時間以内の新着情報をチェックする

フォローしたサイトの中で、24時間以内に更新された情報は「Today」ページからチェックすることができます。

・未読記事をチェックする

左下の三本線をタップすると、メニューが開きます。
メニューの「Feeds」から、ALL(全てのサイト)、あるいは特定のカテゴリやサイトを選択します。
フォローしたサイトの未読記事が表示されます。

3.後で読みたい記事は保存する

記事を後でじっくり読みたい場合には「Read Later(後で読む)」に登録しましょう。

・「Read Later」に登録する方法

記事を開き、右上のしおりのようなマークをタップします。

・「Read Later」に登録した記事を読む方法

左下の三本線をタップし、メニューを開きます。
「Read Later」をタップすると、登録した記事が見られます。

4.既読記事を再度読む

左下の三本線をタップし、メニューを開きます。
「Recently Read」をタップすると、最近閲覧した記事が見られます。

5.新しいWebメディアやニュースサイトを探す

Feedlyでは「ビジネス」「マーケティング」「政治」などのカテゴリでWebメディアやニュースサイトを検索できます。

検索は「Discover」ページで行うことができます。
カテゴリを選択するか、または検索窓に入力します。

気に入ったサイトがあればフォローしましょう!

まとめ

情報収集に最適なFeedly、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

アプリが英語なのが欠点ですが…。
でも比較的シンプルな操作性のため、慣れれば問題なく使えると思います。
英語サッパリーニな私でもなんとなく使えています。

アプリを使って通勤時間にもアンテナ高く、情報を仕入れていきましょう!

ではでは、K2でした。

WRITER

K2

アニメやゲームが好きだがそれほど詳しくはない。陽キャにもなれず、オタクにもなりきれぬ哀れな人間。