Blog ブログ

息子を0歳から保育園に入れて感じた、子供を預けて働くメリット・デメリット

ビジネス

子供を保育園に預けて働くかどうか、迷う方は多いのではないでしょうか?
経済的な理由や、働きたいという気持ちがある。でも子供を預けるのはかわいそう…と板挟みになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は生後8か月から息子を預けて、入園後1年ちょっと経ちます。

今回はその中で私が感じた、子供を保育園に預けて働くメリット・デメリットを書いてみました。

個人的な感想ですが、迷っている方はぜひ参考にしてみてください!

保育園に預けて働くメリット

親に精神的な余裕ができる

「毎日一日中子供といるとイライラしてしまう」という話を聞くことがあります。

働いていれば職場にも居場所ができ、同僚やお客様との交流も生まれます。
また、子供の成長だけでなく自分自身のスキルアップも頑張ろうと思えます。

良い意味で子育てだけに集中し過ぎないというか、必死になり過ぎず余裕が持てるような気はします。

また、平日は仕事・土日は子供と思い切り遊ぶという生活のメリハリもできます。

子供同士でたくさん遊べる

子供と遊んで楽しませてあげることは親にもできますが、子供同士の遊びでしか得られない経験もあります。

わちゃわちゃとじゃれ合ったり、おもちゃの取り合いで喧嘩をしたりといったことは、親が相手では難しいですよね。

「他の子の遊んでいるおもちゃを取ったら怒られる、逆に自分が取られたら悲しい」といった、親との遊びからは得られない学びもあると思います。

いつの間にか片づけや着替えなどを覚える

保育園でお友達のまねをして覚えたのか、いつの間にかお片づけやズボンの着脱などを自分でするようになって驚かされます。

親が教えていないことも、保育園で覚えて成長してくれるのでありがたいです。

先生に育児の相談ができて心強い

息子の通う園では定期的に個人面談があります。
息子の成長のことなど、気になることをなんでも先生に相談できるので心強いです。

保育園に預けて働くデメリット

子供と接する時間が少ない

フルタイムで働いていると、子供は起きている時間のほとんどを保育園で過ごすことになってしまいます。

また息子が保育園に慣れる前は、朝預ける際に泣かれてしまい、かわいそうで辛かったです。(今ではもう慣れて、送り迎えのときもニコニコですが…。)

急な休みや早退があるため、職場によっては冷遇される

子どもはやはり体調不良になりやすいもの。
急に仕事を休まなければならなくなったり、保育園から呼び出しがあって早退しなければならないことがあります。

また終業後は子どものお迎えがあるため、あまり残業もできません。

職場が「子どものためだから、仕方ないよね」と言ってもらえるような雰囲気なら問題ありませんが、冷遇されたり嫌味を言われてしまうというママも私の周りにいます。

ブラック保育園に注意する必要がある

ごく少数とは思いますが、劣悪な運営実態の「ブラック保育園」があるのも事実です。

虐待・ネグレクト・劣悪な保育環境・少なすぎる給食などなど…ニュースで目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

入園申込み前に希望する園は全て見学するのはもちろん、入園後も、送り迎えの際の保育園の雰囲気や、子供の様子をよく見ていないといけないですね。

まとめ

私の感じた「子供を預けて働くメリット・デメリット」をまとめてみました。

私自身は息子を預けて働いていますが、「自宅保育よりも、預けて働く方が絶対にいい!」と思っているわけではありません。

自宅保育も、子供にとっては大好きな親といつも一緒にいられますし、親にとっても子供を自分自身でみれて安心だったりと多くのメリットがあると思います。

それぞれのご家庭次第なので、どちらが正しいと一概にはいえないのではないでしょうか。

家族などと相談して、ベストな育児方法を模索してみてください。
この記事もぜひ参考にしていただければ幸いです。

ではでは、K2でした!

WRITER

K2

ペットに服を着せたくない派なので、幼少期はシルバニアファミリーを全員全裸にしていた。