Blog ブログ

イラストレーター初心者のための使い方講座 その1

デザイン

こんにちは!K2です。

イラストレーターを始めたばかりの方や、チラシなどの作り方が分からない方。

イラストレーターをマスターするには、実際に使いながら勉強していくのが一番。
この講座では、実際にデザインを作成しながらイラストレーター(Adobe Illustrator)の使い方を学んでいただければと思います!

今回(その1)は、イラストレーターの基礎知識と基本操作を覚えながら、デザイン作成の前準備をしていただきたいと思います。

次回(その2)からは、実際に架空のハガキをデザインしていただければと思います。

※IllustratorのバージョンはCC2017を使用しています。他バージョンも基本は同じなのですが、多少操作方法や機能が異なる場合があります。

それでは早速やってみましょう!

1.新しいドキュメントを作成する

イラストレーターを使って作るファイルを「ドキュメント」と言います。

1からデザインを作る場合は、イラストレーターを起動し、「新規作成」を選択します。

Web、印刷などの用途やサイズを選べますので、作る物に近い仕様を選択して下さい。
その後「プリセットの詳細」から各項目を個別に編集します。
今回は幅148mm×高さ100mmのハガキを作る想定で、以下のように設定します。

各項目の意味を解説します。

「新規ドキュメント」ウィンドウの各項目

ドキュメントの名前

「名称未設定-1」と表示されている部分です。
好きな名前に書き換えてください。名前は保存時に決めることもできます。

(アートボードの)幅・高さ・方向

アートボードとは、デザインを作成するためのキャンバスのようなものです。
仕上がりサイズより大きく設定して下さい。

今回は幅148mm×高さ100mmのはがきを作成すると想定して、幅200mm×高さ150mmで作成しました。

単位

印刷物を作る場合は「ミリメートル」、Webサイトをデザインする場合には「ピクセル」に設定します。

アートボード

アートボードは、1つのドキュメントの中に複数作成することができます。
後で増やしたり減らしたりできます。

裁ち落とし

後に説明する「トンボ」がアートボードの周囲に付けられます。
今回は0で大丈夫です。

カラーモード

デザインの用途により、色を再現する仕組みが異なります。

印刷物を作成する場合は「CMYK」、Webサイトなど、ディスプレイで見るものを作成する場合には「RGB」を選択してください。

2.画面の説明

新しいドキュメントを作成すると、以下のような画面になります。
この後の説明で出てきますので、各部の名称を書いておきますね!

3.トンボとガイドを作成する

印刷物を作成する際には、仕上がりサイズの基準となる印「トンボ」と「ガイド」が必要です。

トンボとは

印刷物は通常、仕上がりサイズより大きい紙に印刷した後、仕上がりサイズに断裁されます。
「トンボ」は断裁位置の目印として使われます。

内トンボ

印刷物の完成サイズを示します。

外トンボ

断裁は、内トンボの示す位置からほんの少しずれる可能性があります。
端まで背景があるデザインの場合、背景を完成サイズぴったりに作ってしまうと、断裁のずれにより紙の白い部分が見えてしまう可能性があります。

そのため、端まで印刷がある場合には、断裁位置が多少ずれても白い部分が見えないように背景を広めに設けます。これを「塗り足し」といいます。

「外トンボ」は、この塗り足しの必要範囲を示します。

ガイドとは

実際には印刷されない線。
仕上がり線や、コンテンツの位置を揃える際の基準線などに使います。

トンボの作成手順

まずは仕上がりサイズの長方形を用意します。
ツールパネルより「長方形ツール」を選択します。

アートボードの中の任意の場所をクリックします。
仕上がりサイズ(幅148mm×高さ100mm)を入力し、enterキーを押します。

次に、この長方形をアートボードの中央に配置します。

メニューバーから「ウィンドウ」をクリックし、ウィンドウメニュー内の「整列」をクリックします。
「整列パネル」が表示されます。
(ウィンドウメニュー内の「整列」にチェックマークが付いている場合は、既に整列パネルが表示されています。)

※このように「ウィンドウ」からパネル名をクリックすることで、使いたいパネルを表示させたり、使わないパネルをしまったりすることができます。

ツールパネルから「選択ツール」を選び、長方形をクリックします。

長方形が選択された状態で「整列パネル」内の右下のボタンをクリックし、「アートボードに整列」を選びます。

「水平方向中央に整列」と「垂直方向中央に整列」をクリックすると、長方形がアートボートの中央に配置されます。

長方形を選択した状態で、メニューバーから「オブジェクト」→「トリムマークの作成」をクリックします。

トンボが作成されました。

ガイドの作成手順

長方形を選択し、メニューバーから「表示」→「ガイド」→「ガイドを作成」をクリックします。

ガイドが作成されました。このガイドが仕上がり線になります。

4.レイヤーを設定する

レイヤーとは

Illustratorのデータは、下のレイヤーに上のレイヤーが重なった、層のような作りになっています。

レイヤーの中にあるオブジェクト(文字や線、写真、図形といったパーツ)も、1つずつ層のように重なっています。

レイヤーを適切に分けることで、特定のレイヤーだけ編集したり、特定のレイヤーだけ見えなくするといったことが可能です。

仕上がり線とトンボはデザイン作成中に誤って動かしてしまうといけないため、新たにレイヤーを作って作業するのが適切です。

新規レイヤーの作成

メニューバーの「ウィンドウ」から、「レイヤー」パネルを表示させます。

「レイヤーパネル」内の右下の「新規レイヤーを作成」ボタンをクリックすると、新しいレイヤーが追加されます。

レイヤーをロックする

トンボとガイドの入ったレイヤーを間違って編集しないよう、ロックします。

レイヤーパネル内の、目玉マークの右側にある空欄をクリックします。
錠のマークが現れ、レイヤーがロックされます。
(ロックを解除したい場合には、錠のマークをクリックします。)

レイヤーパネルでは以下の2機能も頻繁に使うので、覚えておきましょう!

  • 目玉のマークをクリックすると、レイヤーを非表示にすることができます。
  • オブジェクトを選択すると、レイヤーパネルの右側に■が表示されます。これをドラッグすることで、選択中のオブジェクトを他のレイヤーに移動させることができます。

レイヤー名を変更する

レイヤー名は初期設定では「レイヤー1」「レイヤー2」等になりますが、このままですと「これは何のレイヤーだろう?」と混乱してしまう可能性があります。

レイヤー名をダブルクリックすると名前を編集することができるので、「トンボとガイド」など、内容物が分かりやすい名前に変更します。

レイヤーの順番を変更する

「レイヤーパネル」に表示されるレイヤーの順番は、そのままレイヤーの重ね順になります。

他のオブジェクトと重なってもトンボが隠れないよう、トンボの入ったレイヤーを一番上に移動しましょう。

「レイヤーパネル」内で、「トンボとガイド」レイヤーを一番上までドラッグします。

5.データを保存する

名前を付けて保存する

メニューバーから「ファイル」→「保存」をクリックすると、「別名で保存」ダイヤログが開きます。

ファイル名・保存場所を設定して保存ボタンをクリックします。

保存ボタンをクリックすると、「Illustratorオプション」が開きます。

Illutratorのバージョン選択・カラープロファイル埋め込みの有無などなど…様々な項目がありますが、

基本的にそのままOKをクリックしてかまいません。

上書き保存する

一旦保存したファイルは、メニューバー→「ファイル」→「保存」で上書き保存をすることができます。

不具合や操作ミスで急にイラストレーターが閉じてしまっても困らないよう、こまめに上書き保存する癖をつけましょう!

まとめ

さて、デザイン作成のための準備はここまでです。
次回はいよいよ、架空のハガキのデザインを作成していただきたいと思います!

ではでは!K2でした。

続き→イラストレーター初心者のための使い方講座 その2

WRITER

K2

私の怒り方を完コピした2歳息子に「ママ、だめでしょ」「ごめんなさいは?」と度々叱られるようになった。ごめんなさい。