Blog ブログ

【Illustrator】イラストの棒グラフを作成する方法

デザイン ビジネス

こんにちは!K2です。

Adobe Illustrator(イラレ)には、数値を入力したりデータを引用することでグラフを作成する機能があります。

今回は、イラストを使い、Illustratorでオリジナルデザインの棒グラフを作る方法を解説いたします。

はじめに:普通の棒グラフを作る

デザインを設定する前に、まず普通の棒グラフを作成します。

ツールパネルから「棒グラフツール」を選択します。
グラフにしたい範囲をドラッグします。

※グラフの幅・高さを数値指定したい場合には、ドラッグせずにアートワーク上をクリックしてください。

「グラフデータウィンドウ」が表示されますので、こちらにデータを入力します。

今回は、「好きな色アンケート」という架空のアンケート結果をグラフにします。
左一列に色名、右一列に数値を入力します。

【適用】ボタンを押し、「グラフデータウィンドウ」を閉じましょう。

普通のグラフが完成しました!
(「好きな色アンケート」「(人)」はグラフ作成後に手入力しました。)

イラストを積み上げたグラフを作る

グラフに使うイラストを用意します。(イラストはグループ化しておきます。)

イラストを選択し、メニューバーから「オブジェクト」→「グラフ」→「デザイン」を選択します。「グラフのデザイン」ダイアログが表示されます。

「新規デザイン」をクリックするとグラフデザインとして追加されますので、OKボタンを押してダイアログを閉じます。

先ほど作成したグラフの棒を全て選択します。

※1つの棒をグループ選択ツールで2回クリックすると、すべての棒が自動選択されます。

その状態で、メニューバーから「オブジェクト」→「グラフ」→「棒グラフ」を選択します。

「棒グラフ設定」ダイアログが表示されますので、先ほど追加したデザインを選択します。
「棒グラフ形式」で「繰り返し」を設定し、単位を設定します。(今回は単位を100にしました。)

鉛筆の積みあがったグラフが完成しました!

イラストの特定部分が伸び縮みするグラフを作る

次に、鉛筆の赤い部分が伸び縮みするグラフを作成します。

イラストの上に、直線ツールで水平線を2本引きます。
伸縮させたい部分を2本の線で挟むように配置してください。

直線を選択し、メニューバーから「表示」→「ガイド」→「ガイドを作成」をクリックし、ガイドに変えます。
「表示」→「ガイド」から、ガイドのロックを解除します。

イラストをガイドごと選択し、「グラフのデザイン」ダイアログを開きます(メニューバーから「オブジェクト」→「グラフ」→「デザイン」)。

「新規デザイン」をクリックするとグラフデザインとして追加されますので、ダイアログを閉じてください。

グラフの棒をすべて選択し、メニューバーから「オブジェクト」→「グラフ」→「棒グラフ」を選択します。

先ほど追加したガイド付きのイラストを選択し、棒グラフ形式で「ガイドライン間を伸縮」を選択します。OKボタンをクリックします。

鉛筆の赤い部分が伸縮するグラフが完成しました!

おまけ:グラフの書体や色を変更するには

グラフ内の書体は「グループ選択ツール」で選択し、変えることができます。

※文字をまとめて選択したいときは、グループ選択ツールでゆっくり2回クリックします。

イラストの色も「グループ選択ツール」で選択し、個別に変えることができますが、グラフのデータを編集すると元に戻ってしまうため注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

グラフにイラストを適用することで、見た目が良くなるだけでなく、どのようなグラフであるのか直観的に理解しやすくなります。
ぜひイラストグラフを作ってみてくださいね。

ではでは、K2でした!

WRITER

K2

私の怒り方を完コピした2歳息子に「ママ、だめでしょ」「ごめんなさいは?」と度々叱られるようになった。ごめんなさい。