Blog ブログ

あなたは大丈夫?よくある敬語の間違い5パターン

ビジネス

こんにちは、K2です。

人と接するとき…特にビジネスでは敬語表現はとても大切です。
敬語の間違いが多いと、相手に不快感やマイナスの印象を与えてしまうかもしれません。

そこで今回はありがちな敬語の間違い5パターンを、具体的な事例とともにご説明します。

『自分も間違った敬語を使っていないかな?』と見直す際の参考にしていただければ幸いです!

1.二重敬語

二重敬語の例1

×「御社に伺わせていただきます」

「伺わせていただきます」には、「伺う」「いただきます」の二つの謙譲語が含まれています。
これは「二重敬語」といい、過剰で回りくどい印象を与えてしまうため不適切といわれています。

「御社に伺います」

二重敬語の例2

×「田中様がお見えになっていらっしゃいます。」

「お見えになる」「いらっしゃる」の二つの尊敬語が含まれ、二重敬語になってしまっています。

「田中様がお見えになりました。」「田中様がいらっしゃいました。」

2.物に対して敬意を表してしまう

物に敬意を示してしまっている例

×「ご注文の品はお揃いでしょうか?」

「お揃い」は「ご注文の品」に対する敬語になってしまいますので、不適切です。

「ご注文の品は以上でよろしいでしょうか?」

3.自分の身内に対して敬意を表してしまう

身内に敬意を示してしまっている例1

×「承知しました。上司に申し上げます。」

「申し上げます」は謙譲語(へりくだることで相手を立てる言葉)ですので、この場合、自社の人間に対して使うのは不適切です。

「承知しました。上司に申し伝えます。」

身内に敬意を示してしまっている例2

×「担当者から伺っております。」

「伺う」も謙譲語ですので、自社の担当者に対して使うのは不適切です。

「担当者から聞いております。」

4.相手の動作を謙譲語で表してしまう

相手の動作に謙譲語を使っている例1

×「どちらへ参られますか?」

「参る」は謙譲語のため、相手の動作を「参る」と表現するのは不適切です。

「どちらへいらっしゃいますか?」「どちらへ行かれますか?」

相手の動作に謙譲語を使っている例2

×「田中様はおられますか?」

「おる」は謙譲語ですので、相手の動作を表すのには不適切です。

「田中様はいらっしゃいますか?」

5.語尾に「~になります」を多用する

語尾に「〜なります」を多用している例

×「エビピラフは1080円になります。」

飲食店でよく聞く言い回しですが、「~になります」は移行や変化を表す言葉のため不適切です。

「エビピラフは1080円です。」

ちなみに「エビピラフとアイスティーで1500円になります。」と合計を示すこともありますが、これは「金額を合計することで、1500円になります」という意味に取れますので「~になります」を使っても間違いではありません。

まとめ

敬語はビジネスの基本スキル。
相手に敬意が伝わり、心地良く感じてもらうためにも正しい敬語を身につけましょう!

ではでは、K2でした!

WRITER

K2

ペットに服を着せたくない派なので、幼少期はシルバニアファミリーを全員全裸にしていた。