Blog ブログ

インタラクティブ動画とは?広告に導入する効果と事例

動画

こんにちは、K2です。
マーケティング手法として注目されている「インタラクティブ動画」をご存知でしょうか?

インタラクティブ動画とは、ユーザーへ一方通行に発信する動画ではなく、ユーザーが操作できる動画のことを指します。

今回はインタラクティブ動画のマーケティングにおける活用法・導入効果をお話しいたします。

「インタラクティブ動画」とは

インタラクティブ動画とは、ユーザーへ一方通行に発信する動画ではなく、ユーザーが操作・参加・体験することができる仕組みを指します。

広義では、youtube動画の閲覧後に出てくる「関連動画を観る」ボタンや、広告動画をクリックするとECサイトが開くようなものも「インタラクティブ動画」といえます。

近年注目されている手法は、動画の再生中にユーザーが操作を行えて、その操作によってその先の動画の内容が変わるようなものです。
ゲームではお馴染みの手法ですね。

ここ数年、このような仕組みの「ユーザー参加型」動画コンテンツが生み出されるようになり、マーケティングの方法として注目されています。

インタラクティブ動画の4つの効果

PR効果

ユーザーに疑似体験をさせ、仕掛けを楽しんでもらうことで強い印象を与え、より深く内容を認知してもらうことができます。

SEO効果

動画のSEOにおいては、動画の視聴数だけでなく再生時間や離脱率も重要なポイントとなります。

インタラクティブ動画でユーザーの楽しめるコンテンツを提供し、離脱を防ぐことができればSEO対策になります。

エンゲージメント効果

動画を再生しながら他の操作を行う「ながら見」は、今の若年層には一般的な視聴スタイルとなっています。

インタラクティブ動画は「ユーザー側の操作がある」ことで「ながら見」を防ぎ、動画への集中を促します。

また、ユーザー自身の操作により必然的に視聴時間が伸びるため、動画内容の理解を深め、コンバージョンに近づけることが可能です。

改善効果

動画内でのクリック(タップ)操作や離脱場所の情報を取得し、解析することが可能です。

普通の動画よりも詳細にユーザー行動を分析し、動画の改善へと繋げることができます。

インタラクティブ動画の活用例

採用活動

http://www.raptmedia.com/customers/deloitte/

デロイト ニュージーランド社の一日を、社員の視点で体験することのできる動画です。
動画中に挿入される選択肢の中から主人公の行動を選び、その選択によって動画の内容が変わります。

企業風土を楽しく魅力的に見せ、また求職者とのミスマッチを防ぐことができます。

ECサイトとの連携

ファッションブランド「ASOS」のインタラクティブミュージックビデオ。
ユーザーが再生途中に好きな色を選択すると、モデルの服や背景がその色に切り替わります。

ユーザーをブランドの世界に惹き込み、ECサイトへと誘導します。

社内教育・マニュアル

単元や作業を設問コンテンツ化し、社員用のマニュアル動画に組み合わせることで、自身の理解度を把握しながら作業を学ぶことができます。

まとめ

増えつつあるインタラクティブ動画ですが、まだ取り組んでいる企業はそれほど多くないため、ユーザーに新鮮で強い印象を与えることができます。
ユニークな企画はSNSでの拡散を狙うこともできます。

興味をもっていただけた方や「集客や採用強化の方法を提案してほしい」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!

ではでは、K2でした。

WRITER

K2

印刷物・Web・動画制作会社「NET SANYO」の中の人。ホラーゲームが好き。