Blog ブログ

エクセルで簡単に重複チェック・重複削除する方法!

ビジネス

商品リストなどの大量のデータをExcelに入力していて、誤って重複させてしまったことはありませんか?
重複したデータが原因で、もしかしたら深刻なトラブルにつながってしまうかもしれません。

そこで今回は、重複を簡単に無くすことのできる2つの方法をご紹介します!

  • 重複するデータを自動的に削除する方法
  • 重複するデータをチェック(確認)する方法

重複するデータを自動的に削除する方法

こちらは重複するデータをすぐに自動で削除する方法です。

表がテーブルになっていない場合は、まずテーブルを適用して下さい。

テーブル内のセルを選択すると、「テーブルツール デザイン」タブが出現します。
ここから「重複の削除」ボタンをクリックします。

「重複の削除」ダイアログが開きますので、どの列で重複した場合に削除するのかを選択します。

「OK」をクリックすると、重複するデータが自動的に削除されます。


「名前だけの重複だと、同姓同名の別人の可能性がある」など、複数の条件を組み合わせて判断させたい場合には、「重複の削除」ダイアログで「名前」「電話番号」など列を複数選択します。

選択した列すべてで重複する場合にのみ、データが削除されます。

重複するデータをチェック(確認)する方法

重複するデータをチェックしたいけれど、すぐには削除したくない場合もありますよね。
そんなときには、重複するセルだけを強調表示するのがおすすめです。

1.重複セルを強調表示する

重複チェックしたいセルをドラッグし、全て選択します。

「ホーム」タブの「条件付き書式」をクリックします。
「セルの強調表示ルール」にカーソルを当て、「重複する値」をクリックします。

重複する場合にどのような書式を適用するかを選択します。

「OK」をクリックすると、重複セルだけが強調表示されます。

2.重複データを上下に並べる

データの数が多い場合、重複データ同士が離れていると確認しづらいですよね。
ここでは重複データを上下に並べる方法をご紹介します。

表がテーブルになっていない場合は、テーブルを適用して下さい。

1.重複セルを強調表示する で重複チェックした列の見出し行の逆三角マークをクリックし、昇順もしくは降順で並び替えます。

重複セル同士が上下に並びますので、簡単に確認することができます。

元の並び順を崩したくない場合には、あらかじめテーブルに1列追加し、追加した列に通し番号を振っておきましょう!

いつでも通し番号順に並び替えられるようになります。

まとめ

どちらの方法も関数を使わないため、簡単に重複チェックができちゃいます。
ぜひお仕事でお使いください!

ではでは、K2でした。

WRITER

K2

カタカナビジネス用語ってめちゃくちゃ多いから、適当なカタカナの羅列に適当な意味をつけただけの言葉を混ぜてもバレない気がする。嘘のビジネス用語が日本中に広まったら面白そう。