Blog ブログ

エクセルで簡単に重複チェック・重複削除する方法(関数不要!)

ビジネス

商品リストや名簿をExcelに入力しているとき、重複が心配ですよね。

重複に気づかずそのまま保存してしまったら、深刻なトラブルにつながってしまうかもしれません。とはいえ大量のリストデータを、一件一件確認なんてできませんよね。

そこで今回は、重複を簡単に無くす2つの方法をご紹介します!

重複するデータを自動的に削除する方法

重複を自動的に削除する方法を、名簿を例にご紹介します。
(表がテーブルになっていない場合は、まずテーブルを適用して下さい。)

まずテーブル内のセルを選択します。「テーブルツール デザイン」タブが出現するので、ここから「重複の削除」ボタンをクリックします。

すると「重複の削除」ダイアログが開きますので、どの列で重複を判断するかを選択します。

「OK」をクリックすると、重複するデータが自動的に削除されます。

画像では「名前」列にチェックを入れているので、名前が同じ場合に重複と判断され、削除される……ということになります。

でも名前が重複しているだけだと、同姓同名の別人の可能性もありますよね?
「名前と電話番号、両方重複した場合だけ削除する」といったように、複数の列で重複を判断させることも可能です。

「重複の削除」ダイアログで、「名前」「電話番号」など複数項目にチェックを入れ、OKボタンを押します。
すると、選択項目すべてが重複する場合のみデータが削除されます。

重複の有無を確認する(自動で削除しない)方法

重複を自動削除せずに、確認したい場合もあるかと思います。そんなときにおすすめの方法をご紹介します。

1.重複セルを強調表示する

重複チェックしたいセルをドラッグし、全て選択します。

次に「ホーム」タブの「条件付き書式」をクリックします。
「セルの強調表示ルール」にカーソルを当て、「重複する値」をクリックします。

任意の書式を選択します。

「OK」をクリックすると、重複セルだけに書式が適用されます。

2.重複データを上下に並べる

重複データが強調表示されましたが、このままですと「どことどこが重複しているの?」となってしまい確認しづらいですよね。
ここでは、重複データ同士を上下に並べる方法をご紹介します。
(表がテーブルになっていない場合は、テーブルを適用して下さい。)

1.重複セルを強調表示する で重複チェックした列の見出し行、三角マークをクリックします。昇順か降順で並び替えます。

重複セル同士が上下に並び、確認しやすくなりました!

「元の並び順を崩したくない」という方は、初めにテーブルに1列追加し、追加した列に通し番号を振っておきましょう!

重複チェックした後、通し番号列で昇順で並び替えれば、また元の順番に戻すことができます。

まとめ

どちらの方法も関数を使わず、簡単に重複チェックができちゃいます。ぜひお仕事にご活用ください。

ではでは、K2でした。

WRITER

K2

私の怒り方を完コピした2歳息子に「ママ、だめでしょ」「ごめんなさいは?」と度々叱られるようになった。ごめんなさい。