Blog ブログ

【Excel】時短に本当に役立つショートカットキー12種!

ビジネス

Excel作業、「ちょっとでも時短したい!楽したい!」と思いませんか?


例えばコピーする際「右クリックして『コピー』を押して…」なんていちいちやっていると、一回一回は数秒でも、繰り返していればかなりの時間と手間になってしまいますよね。

ショートカットキーを使えば、こういった作業を一瞬で行うことができます!

エクセルショートカットキーは200個以上もあるそうなのですが、多すぎてとても覚えきれないので、本当に使用頻度が高いと思うものだけを私の主観でピックアップしてみました!

マスターしてお仕事を効率アップさせちゃいましょう!
ではさっそくどうぞ。

1.コピー・切り取り・貼り付けを楽に行いたい

  • Ctrl + C 選択した内容をコピーします。
  • Ctrl + X 選択した内容を切り取ります。
  • Ctrl + V コピー(切り取り)した内容を貼り付けます。

2.直前の作業を取り消したい・繰り返したい

  • Ctrl + Z 直前の作業を取り消します。
  • Ctrl + Y 直前の作業を繰り返します。

3.セルの書式変更をしたい

  • Ctrl + 1

「セルの書式設定」のダイアログボックスがたちあがります。

4.作業中のデータを上書き保存したい

  • Ctrl + S 作業中のデータを上書き保存します。セーブのSなので覚えやすいですね!

ちなみに「名前をつけて保存」は F12 です。

5.印刷したい

  • Ctrl + P

「印刷」ダイアログボックスが開きます。プリントのPなので覚えやすいです。

6.ダブルクリックせずに、セル内の文字を編集したい

  • F2

選択したセル内の末尾にカーソルが現れて、文字列の編集ができるようになります。

7.現在の日付・時刻を入力したい

  • Ctrl  +  ; 現在の年月日が入力されます。
  • Ctrl  +  : 現在の時分が入力されます。

8.文字を太字にしたい・下線を引きたい

  • Ctrl + B 選択したセルを太字にします。再度押すと元に戻ります。ボールドのBなので覚えやすいです。
  • Ctrl + U 選択したセルに下線を引きます。再度押すと元に戻ります。アンダーバーのUなので覚えやすいです。

9.選択範囲のセル全てに同じ値を入力したい

  • Ctrl + Enter

セルを複数選択した状態で値を入力し、確定時にCtrl + Enterを押します。

10.表の端まで移動したい

  • Ctrl + ↑↓→←

Ctrl + ↑ を押すと表の上端、Ctrl + → を押すと表の右端…といったように一瞬で移動します。

「セルが入力されているところまで」が「表」として判断されるので、空白のセルがあるとその手前でいったん止まります。

11.表全体を選択したい

  • Shift + Ctrl + ↑↓→←

10.表の端まで移動したい の応用版です。

移動する際にShiftキーも押すことで、表を移動しながらセルを選択することができます。

12.ワークシート全体・行全体・列全体を選択したい

  • Ctrl + A ワークシート全体を選択します。
  • Shift + Space 選択中のセルのある行全体を選択します。
  • Ctrl + Space 選択中のセルのある列全体を選択します。

まとめ

ショートカットキーは初めは覚えづらいかもしれませんが、使用していれば自然と身につきます。
「塵も積もれば山となる」でかなり作業が楽になりますよ!

ぜひ使ってくださいね。
ではでは、K2でした!

WRITER

K2

カタカナビジネス用語ってめちゃくちゃ多いから、適当なカタカナの羅列に適当な意味をつけただけの言葉を混ぜてもバレない気がする。嘘のビジネス用語が日本中に広まったら面白そう。