Blog ブログ

絶対に面白い、個人的おすすめ本5選

オフタイム

こんにちは、K2です。
新型コロナの影響で、不要不急の外出自粛が呼びかけられています。

感染しないため・させないためには、もちろん外出を控えなければなりません。とはいえ、そんな生活にストレスの溜まっている方も多いのではないでしょうか?

外に遊びに行けないなら、本の世界に遊びに行けばいいじゃない!

面白い本があれば、お家から出なくても楽しく過ごすことができます。
というわけで、今回は個人的に「絶対に面白い!」と思うおすすめ本をご紹介したいと思います。

シリアス系、ギャグ系などジャンルを限定せずに集めましたので、きっと興味を持っていただける本もあるかと思います。

では早速どうぞ!

「インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも」さくら剛

あの手この手でお金をむしり取ろうとしてくるインド人と、筆者との過酷な戦いを描いた、抱腹絶倒の旅行記。

お笑い芸人の夢破れ、彼女にも振られた筆者は 「インドにでも行くか!」と思い付いて飛び立ちます。

そこで待っていたのは、詐欺師のようなインド人との過酷な日々。
目的地へたどり着かないリキシャ(インドのタクシー)、 ぼったくり、インチキ占い師……。

あまりにもトラブルだらけで、筆者は 「インド人全員殺す!こんな国二度と来るかボケ!」 と物騒なことを書いています。
ですが帰国後しばらく経つと、なぜか 「殺したかったけどいいやつらだったな。また絶対インドに行きたい」 という心境に。

滅茶苦茶だけれどパワフルで、どこか憎めない。 そんな国、インドを面白おかしく書いた旅行記です。

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎

普通の男がある日突然、首相暗殺犯に仕立て上げられてしまったら……。 絶体絶命な逃走劇を描いた小説。

仙台市では新首相の凱旋パレードが盛大に行われていました。その日主人公の青柳雅春は、数年ぶりに大学時代の親友、森田森吾に呼び出されます。
森田の様子がおかしいことを訝しむ青柳に、森田は 「お前、オズワルド(ケネディ大統領殺害犯とされる人物)にされるぞ」と告げます。
その直後に首相は、どこからか飛んできたドローンの爆発により暗殺されます。

青柳は森田に「逃げろ」と促されその場を去りますが、 森田はその後、乗っていた自動車ごと爆破されてしまいます。

事件発生直後であるにも関わらず、現場近くにいただけの青柳を捕えようと向かって来る警官たち。
メディアでも犯人として報じられ、警察やマスコミを意のままに操れる「大きな何か」が 自分を犯人に仕立て上げようとしていることを思い知らされます。

世界中で犯人だと報じられ、捕まれば口封じのために殺される……。そんな中、青柳は友人や同僚に助けられながら必死に逃走します。
絶望的な状況での逃走劇は、まるで映画を観ているかのようにスリリングです。

「カラフル」森絵都

世界は綺麗な真っ白ではないけれど、真っ黒でもない。色まみれのめちゃくちゃな世界が、それでも愛おしく思えてくる小説。

 「おめでとうございます! 抽選にあたりました! 」

主人公は死後の世界を漂う魂。 そんな主人公の前に突然、天使が現れ、こう告げました。
「あなたは大きな過ちを犯して死んだ、罪な魂です。 通常ならば輪廻のサイクルから外されることになります。 しかし、ときどき抽選であたった魂にだけ再挑戦のチャンスを与えているのです。」
ある修行を行えば、主人公を特別に輪廻のサイクルに戻してやるとのこと。
その修行とは、自殺を図った男子中学生「小林真」の体に入り、 現世で一定期間生活するというものでした。

天使曰く、真の父親は利己的で、母親は不倫をしており、兄は意地悪で無神経。また真は学校でも友人が一人もいないのだそう。

ですが主人公が真として過ごすうちに、 周りの人々との距離感が変わってきて……。

人間は白か黒かの2色ではなくて、 汚い面も綺麗な面も、優れた面も未熟な面もある。同じ人間が他人を傷つけ、一方で救ってもいる。

児童文学ではありますが、大人が読んでも泣けて、考えさせられる小説です。
中学生以上のお子様のいらっしゃる方は、ぜひお子様と一緒に読んでみてはいかがでしょうか?

「チルドレン」伊坂幸太郎

傍迷惑なのになぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる、数々の不思議な事件を描いた連作短編。

銀行強盗に遭えばどさくさに紛れてお金を懐に入れる。格好良い主張をしたかと思えば、すぐに真逆のことを言い出す……。
傍迷惑なのにどこか憎めない男「陣内」。彼を中心にして起こる数々の事件を描いた小説です。

陣内が大学生のときの物語と、家裁調査官となった後の物語が交互に繰り返されます。短編集のような形ですが、ある話がまた別の話の伏線になっており、話同士が関係しあっている、いわゆる「短編集のふりをした長編小説」です。

どの登場人物も魅力的ですが、なかでも陣内が本当に良いキャラをしています。
無茶苦茶な言動で周りの人を振り回す。でもその中にも彼なりの正義感がある。
その言動に結果として救われる人がいたりして、ちょっとした奇跡を起こしてしまう。

くすっと笑えて、格好よくもあり、爽快な気持ちになれる小説です。

「四畳半神話大系」森見登美彦

「薔薇色のキャンパスライフ」を送らんとする主人公を描いた、青春コメディ小説。

薔薇色のキャンパスライフを夢見て入学した男子大学生の主人公。
そんな中、サークルで悪友「小津」と出会い意気投合。気づけば小津と共に、カップルを花火爆撃したりといった下らない悪事に青春を費やしていました。

主人公に小津以外の友人はろくにおらず、片思いしているクールな後輩、明石さんとはなかなかお近づきになれない。

こんなはずではなかったのに。入学時に別のサークルを選んで小津と出会わなければ、望み通りのキャンパスライフを送れていたのではないか?
いっそのこと、ぴかぴかの1回生に戻ってやり直したい!

主人公の入学時の選択によって未来が枝分かれする、パラレルワールド形式の物語です。ですが主人公がどの選択をしても、結局は似たり寄ったりの状況に陥ってしまう……。

阿呆で微笑ましくて笑える、青春コメディ小説です。

まとめ

どの本もすごくおすすめで、お家から出られなくても楽しく過ごすことができます。
気になったものがありましたらぜひ購入してみてください。

おすすめの本はまだまだありますので、また書き足していきたいと思います。
ではK2でした!

WRITER

K2

私の怒り方を完コピした2歳息子に「ママ、だめでしょ」「ごめんなさいは?」と度々叱られるようになった。ごめんなさい。