Blog ブログ

色の心理効果を、印刷物やサイトデザインに取り入れよう!

デザイン

私たちは、色から無意識に印象を得ています。

例えば、オレンジの内装の店を見て「暖かみがある」と思ったり、黒い内装のお店を見て「高級そうだ」 などと判断された経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

このように、個々の色や、色の組み合わせのもたらす心理効果を「色彩感情」と呼びます。

色のもたらす印象は印刷物やwebなどのデザインに生かすことができます。

今回は色ごとの心理効果を、その色を活かしたWebサイトとともにご紹介したいと思います。

赤色

サイトを見る

【印象】活動的・熱意・激しさ・挑戦・愛・危険

こちらのリクルートサイトからは、とても挑戦的な企業で、熱意のある人材を求めている印象を受けます。

他にも、赤は愛や情熱の印象を与えることからバレンタインの広告に使われたり、活動的な気持ちにさせて購買意欲をあおることからセールにも使われます。

オレンジ

サイトを見る

【印象】楽しい・陽気・暖かい・思いやり・親しみ・美味しそう

オレンジは陽気で楽しげなイメージを与える色です。

また、オレンジ色の照明の部屋が落ち着くように、温かみや癒しを感じさせる色でもあります。

食欲を増進させる色でもあるため、食べ物のパッケージにもよく使用されています。

黄色

サイトを見る

【印象】喜び・元気・社交的・カジュアル・注意喚起

気分を明るくさせる、ハッピーなイメージをもつ色。
暖色系で目立つ色ですが赤のような激しさはなく、社交的でカジュアルな印象を与えます。

踏切のバーや黄信号のように、注目させる効果も持っています。

緑色

サイトを見る

【印象】安心感・成長・調和・若々しさ・寛容・エコ

木や森が連想されるため、ナチュラルでエコな印象を与える色です。

濃い緑にはどっしりとした安心感がありますが、このサイトのような明るい緑は成長や若々しさを感じさせます。

自然界に多く見られる色のため、落ち着いた気持ちにさせ、集中力が増すと言われています。

青色

サイトを見る

【印象】安全性・信頼感・冷静・清潔・涼しさ

信頼感や清潔さを感じさせるため、コーポレートサイトによく使われています。

涼しさを感じる色でもあるので、日焼け止めや清涼飲料水の宣伝にも使われています。

紫色

サイトを見る

【印象】高貴・優雅・和・神秘的・セクシー

洗練された高級なイメージをもつ色。

神秘的な魅力を持つ反面、怪しさを感じさせる色でもあります。
そのためか紫系のデザインは少ないので、上手く使えばとても印象に残る色です。

ピンク

サイトを見る

【印象】幸福感・優しい・愛らしい・若い・子供っぽい

女性的な印象や子供っぽい印象を与える、愛らしい色です。

淡いピンクは穏やかさ・優しさを感じさせ、鮮やかなピンクは元気な印象を与えます。

サイトを見る

【印象】美しい・清潔・純粋・明るい・無機質

汚れがなく、清潔・純粋な印象を与えます。

真っさらな状態からのスタートを感じさせる色でもあります。

サイトを見る

【印象】男性的・高級・洗練・悪・大人っぽい

都会的で洗練された印象を与える色。
重厚感・権力・圧力といった強さも感じさせます。

若い男性に人気のある色なので、男性向けの高級な商品によく使われています。

まとめ

誰でも色に関して漠然としたイメージはあるかと思いますが、具体的な心理効果が分かると「こういう印象を与えたいから、Webサイトはこの色にしよう」などと意識してデザインできるのではないでしょうか?

ではでは!K2でした。

WRITER

K2

私の怒り方を完コピした2歳息子に「ママ、だめでしょ」「ごめんなさいは?」と度々叱られるようになった。ごめんなさい。