Blog ブログ

集中力持続時間をアップさせる7つの方法

ビジネス

こんにちは、K2です。

皆様は「仕事中に集中が切れてしまう」「やる気が続かない…」といったお悩みはありませんか?

本日は、集中力を持続させるための簡単なコツ7つをご紹介します!
ぜひお役立てください。

身体を動かす

ずっと同じ姿勢で作業をすることは、集中力低下の原因になります。

着席したままストレッチをしても効果はありますが、トイレに行ったり飲み物を取りに行くなど、少し歩くとより良いでしょう。

体がほぐれ、集中力を取り戻すことができます。

適度な休憩を挟む

集中力の持続時間に個人差はありますが、大体40分~1時間ほどが平均といわれています。

集中力が切れてきたと感じたら、コーヒーを飲んだり、お菓子を食べたりといった小休止を挟むと気分転換になります。

長時間休憩し過ぎず、あくまで小休止に留めることが大切です。

昼休みでもないのに10分、20分もお喋りをしたりスマホをいじったりすると、かえって集中力が戻らなくなる原因になります。

ToDoリストを作る

一つの仕事が終わる度に「次は何をしようか?」と考えていると集中が途切れてしまいます。

ToDoリストがあることで「今日の仕事のゴール」がはっきり見え、気合が入れやすくなる効果もあります。

仕事の順番を工夫する

難しい仕事を何となく後回しにしてしまって、取りかかるころには夕方になってしまい、疲れて集中できないといったことはありませんか?

複雑な仕事は頭のすっきりしている朝にするなど、仕事の順番を工夫してみると良いかもしれません。

他の作業をする

良いアイデアが浮かばないなど、仕事に行き詰った場合は一旦別の作業に移りましょう。
意識を全く別のことに切り替えることで、かえって脳内が整理され良いアイデアが浮かぶことがあります。

一旦、それほど頭を使わない単純作業を行うのも良いでしょう。

身の回りの物を片付ける

余計な物が視界に入らないと集中しやすくなります。

また前述したように、仕事の合間に他の作業を挟むことで、集中力が戻り作業効率をアップさせることができるのです。

昼休みには昼寝をする

昼休みには5~10分程度でも昼寝をしましょう。

身体全体を休めるためには長時間の睡眠が必要ですが、脳を休ませるだけなら5分程度でもかなりの効果があります!

まとめ

人間の集中力には限界があり、何時間も集中力を高いまま維持することはできません。
小休止を挟んだり、少し体を動かしたりしながら、上手くON/OFFをコントロールすることが大切です。  

色々試して、自分に合った方法を模索してみてくださいね。

WRITER

K2

ペットに服を着せたくない派なので、幼少期はシルバニアファミリーを全員全裸にしていた。