Blog ブログ

イラレで画像や図形をトリミングする方法

デザイン

今回はイラレでトリミングをする方法をご紹介します。

Illustratorでトリミング(切り抜き)をしたいときは「クリッピングマスク」という機能を使います。

不要な部分を完全に消すのではなく「見えなくする」機能なので、後からトリミング前に戻すことも、トリミング範囲を変えることもできます。

図形の形にトリミング(四角・丸など)

画像と、「この形に切り抜きたい」という図形を配置します。図形が前面・画像が背面になるように重ねてください。
今回は画像を正方形に切り抜きます。「長方形ツール」を使って正方形を書きました。

画像・図形の両方を選択した状態で右クリック。「クリッピングマスクを作成」をクリックします。
ショートカットキーは、WinではCtrl+7/Macではcommand+7です。

図形に対してトリミングしたい場合も、同じやり方です。
「この形にトリミングしたい」という図形を前面に配置します。「これをトリミングしたい」という図形を背面に置きます。図形すべてを選択して右クリックし、「クリッピングマスクを作成」をクリックします。

複雑な形にトリミング(背景の削除など)

背景を削除したりといった、複雑な形のトリミングをする方法をご紹介します。

まず切り抜きたい画像を配置します。
上から、ペンツールもしくは鉛筆ツールで切り抜きたい範囲をなぞります。

なぞり終わりました。
パスの始点と終点がつながって、閉じた形になっていることを確認して下さい。

書いた図形と画像を同時選択して、右クリック。「クリッピングマスクを作成」をクリックします。

トリミングできました!
フチをさらに細かく切り抜きたいならPhotoshopが適していますが、そこまで細かさを求めないのであれば、このようにIllustratorでトリミングできます。

トリミング前に戻す

トリミングした画像を右クリックし、「クリッピングマスクを解除」をクリックします。
ショートカットキーはWinではCtrl+Alt+7/Macではcommand+option+7です。

トリミング前の状態に戻りました!

トリミング位置を変更する

「選択ツール」で画像をダブルクリックするか、または「グループ選択ツール」で画像をクリックします。中の画像だけが選択された状態になります。

この状態で画像をドラッグすれば、トリミング位置を変更できます。

また、この状態で「選択ツール」を選び、shiftキーを押しながら四隅の□をドラッグすると、中の画像だけを拡大/縮小することができます。

トリミング枠の形を変える

「グループ選択ツール」でトリミングした図形の枠部分をクリックします。枠だけが選択されます。

「選択ツール」を選び、四隅の□をドラッグすると、トリミングの枠だけを拡大/縮小することができます。
(枠の縦横比を変えたくない場合は、shiftキーを押しながらドラッグする。)

枠の形を自由に編集したい場合は、「グループ選択ツール」でトリミングの枠を選択したあと、「ダイレクト選択ツール」に切り替えます。
形を変えたい部分のアンカーポイントを選択し、ドラッグします。また普通の図形と同じように、「アンカーポイントの追加ツール」や「アンカーポイントの削除ツール」を使うこともできます。

トリミングの枠だけが変形しました!

全く別の形にしたい場合には、一度トリミング前に戻してから新しい図形を作り、再度トリミングし直した方が早いです。

まとめ

以上です。使用頻度の高い機能なので、マスターしておくととっても便利ですよ!
ではでは、K2でした。

WRITER

K2

息子(2歳)の滑舌が悪い上、聞き間違えると怒られる。理不尽。