Blog ブログ

無料でMicrosoft製品が使えるサービス【Microsoft Office Online】

ビジネス

こんにちは、NETSANYOのK2です。

新型コロナの終息が見えない中、 感染拡大防止のため引き続きリモートワークが推奨されています。
そんな中、ご自宅のパソコンでお仕事をされている方も多いと思います。
しかし元々プライベート用のパソコンですと、「仕事に必要なソフトが入っていない……」なんてことも多いですよね。

そこで今回は、Word・Excel・PowerPoint等のMicrosoft製品を無料で使えるサービス 、「Microsoft Office Online」をご紹介したいと思います。

Microsoft Office Onlineとは?

Microsoftの提供するこちらのサービス。
インターネット環境とMicrosoftアカウントさえあれば、誰でも無料でWord、Excel、PowerPointを使うことができます。Microsoftアカウントの取得ももちろん無料です!

Microsoft Office Onlineの特長

インターネット環境さえあれば、パソコンでもスマホでもタブレットでも、どこでもMicrosoft製品を使うことができます。私の自宅パソコンはMACですが、MACでも使えるので重宝しています。

データのアップロードやダウンロードももちろんできるので、「会社のパソコンに元々ある書類を、自宅でOffice Onlineで編集」なんてことも可能です。
また、私はこちらの機能は使っていませんが、指定したユーザーとのデータ共有や、複数人での同時編集もできるそうですよ。

Microsoft Office Onlineのデメリット

Office Onlineはオフラインでは使えないほか、機能制限があります。機能制限の一部を抜粋しました。

Wordで使えない機能

  • ハイパーリンクのリンク先の編集
  • 図形やテキストボックスの追加
  • マクロの記録・実行
  • パスワードで暗号化されたドキュメントを開く

Excelで使えない機能

  • 「データの入力規則」を新規で設定
  • マクロの作成、実行、編集
  • パスワード保護されているブックの表示

そのほか、一部の関数はインストール版のExcelと動作が異なります。

PowerPointで使えない機能

  • オーディオの追加
  • スライドマスターの編集
  • フッター、ヘッダー、日付/時刻、段落番号の編集
  • グラフの追加
  • 上付き文字、下付き文字

まとめ

リモートワーク中にOffice製品を使いたい方は、とりあえず一度Office Onlineを試してみてはいかがでしょうか?
機能が足りないようでしたらサブスクリプション版や、買い切り版を検討してみましょう。

Office Onlineトップページ

参考

WRITER

K2

私の怒り方を完コピした2歳息子に「ママ、だめでしょ」「ごめんなさいは?」と度々叱られるようになった。ごめんなさい。