Blog ブログ

ロングテールSEOとは?アクセスアップに結びつくキーワードの選びかた

WEB

サイトの検索エンジンからの流入を増やすには、「キーワード」を入れることが大切ということはご存知かと思います。
では、どんなキーワードを入れればアクセスアップに結びつくのでしょうか?

キーワードの選び方に「ロングテールSEO」というものがあります。
今回は、このロングテールSEOを行ってサイトをアクセスアップさせる方法を解説いたします。

ロングテールSEOとは?

サイトをGoogle・Yahoo!などで表示させるための検索キーワードを「SEOキーワード」といいます。

たとえば…あなたが横浜周辺の観光スポットを探したい場合、検索エンジンで「横浜 観光」などと検索しますよね。
「横浜 観光」のような、検索時に入力されるキーワードを、サイト運営側からは「SEOキーワード」と呼びます。

SEOキーワードには以下の種類があります。

  • ビッグキーワード…検索回数のとても多いキーワード【たとえば「横浜」】
  • スモールキーワード…検索回数が少ないキーワードや、複数のキーワードの組み合わせ【たとえば「横浜 観光 高校生」】

 
ロングテールSEOは、スモールキーワードを狙うことでアクセスアップを図る方法です。

なぜロングテールSEOが良いの?

1.検索上位に入れやすい!

ビッグキーワード(たとえば「横浜」)の検索回数は膨大ですが、「横浜」というキーワードを出しているサイトの数も膨大です。

大手サイトなどの強力なライバルが並ぶ中で、自分のページを上位表示させるのは並大抵のことではできません。
 

一方、スモールキーワード(たとえば「横浜 観光 高校生」)なら、検索回数はビッグキーワードと比べると少ないですが、その分競合ページの数も減らすことができます。

ライバルが減る分、自分のページを検索上位に入れるハードルが下がるのです。

2.「ユーザーの求める情報」がわかる!

ページを上位表示させるには、ターゲットユーザーの求める情報をページに置く必要があります。
つまり「ユーザーは、何を知りたくてこのキーワードで検索するのか?」を推測した上で、それに合ったコンテンツを提供しなければならないのです。
 

しかし「横浜」というビッグキーワードだけでは、ユーザーのニーズは分かりません。

横浜のデートスポットを探している人・横浜で女子会のお店を探している人・横浜市の地図が見たい人・横浜のホテルを探している人…
…様々な情報を求める人たちがこのキーワードで検索しているため、ピンポイントなニーズが分からないのです。
 

一方「横浜 観光 高校生」というスモールキーワードなら、「高校生が楽しめる横浜の観光スポットが知りたいのだろう」と推測できます。

その推測をもとに考えることで、【高校生に人気の横浜観光スポットベスト10!】といったような、ユーザーのニーズにぴったりのコンテンツを作成することができるのです。

スモールキーワードの選び方

では、スモールキーワードはどのように調べれば良いのでしょうか?

いくつか方法はありますが、今回は「goodkeyword」「Google広告」の2つのサイトを使って調べる方法をご紹介します。

手順1. 「goodkeyword」でスモールキーワードをリストアップする

「goodkeyword」はあるキーワードを入力して検索することで、そのキーワードの含まれるスモールキーワードを大量にリストアップしてくれるサイトです。
 

 
ただし、このサイトではスモールキーワードの検索ボリューム(検索数)までは分かりません。

検索ボリュームは次にご紹介する「Google広告」で調べることができますので、ここではとりあえずキーワードリストをコピーしておきましょう。
右下のボックスからコピーすることができます。

手順2. 「Google広告」で検索ボリュームを調べる

「Google広告」は本来広告を出稿するためのサービスですが、無料でキーワードの検索ボリュームを調べることもできます。

※サービスを利用するには、Googleアカウントを取得し、Google広告に登録する必要があります。

Google広告にログインしたら、上部メニューから「ツール」→「キーワードプランナー」をクリックします。
キーワードプランナーには2つの機能がありますが、ここでは「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択します。

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」は、入力したキーワードの検索ボリュームを教えてくれる機能です。

キーワードは行分けして複数入力すると一括検索できますので、「goodkeyword」でコピーしたリストをそのままペーストして検索することができます。
 

 
キーワードを入力したら「開始する」ボタンをクリックします。
「過去の指標」をクリックすると、過去一ヶ月間のおおまかな検索ボリュームが見られます。

 
検索ボリュームは多ければ多いほど、検索上位に入った場合に得られるアクセス数も大きくなります。
ただし、検索ボリュームが多いキーワードはやはりライバルが多く、競争が激しい傾向があります。
不慣れなうちは、1000・100ぐらいのニッチなところから狙ってみるのが良いのではないでしょうか?


【参考】 「新しいキーワードを見つける」機能の使い方

キーワードプランナーのもう1つの機能、「新しいキーワードを見つける」も便利なのでご説明しておきます。
言葉を入力すると、その言葉に関係のあるキーワード候補をリストアップしてくれる機能です。

「goodkeyword」と組み合わせてキーワードを探すと効果的です!

手順3. そのキーワードで実際に検索してみる

キーワードの候補を決めたら、実際にそのワードで検索してみて、どのようなライバルサイトがあるのかを見てみます。

自分のページを検索上位に入れるには、ライバルよりも良いコンテンツを用意しなければいけません。

検索ボリュームが多くても、検索結果に大手のサイトばかり並んでいたり、競合サイトの内容がすごく充実しているような場合には、キーワードを考え直した方がいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
アクセスアップのお役に立てば幸いです。

NETSANYOのサイトもまだまだなので、一緒に頑張っていきましょう!
ではでは、K2でした!


参考

WRITER

K2

私の怒り方を完コピした2歳息子に「ママ、だめでしょ」「ごめんなさいは?」と度々叱られるようになった。ごめんなさい。